HOME ≫ RDBについて ≫ 沿革

沿革

2000年4月 大手銀行、主要地域金融機関等22社の共同出資により、データベースコンソーシアムとして会社設立
2000年10月 「事業法人データベース」のサービス提供開始 
2002年10月 「個人事業者データベース」のサービス提供開始 
2003年4月 S&P社との共同開発による財務格付モデル「中小企業クレジット・モデル」を提供開始
「モデル活用研究会」開催(実態財務、定性情報の活用を研究) 
2005年12月 S&P社との共同事業 中堅中小企業専用「日本SME格付け」のサービス提供開始 
2006年4月 「デフォルト債権回収データベース」のサービス提供開始
会員向け情報誌「クレジット・リサーチ」創刊 
2007年10月 「財務診断レポート(RDB企業カルテ)」を提供開始
2008年1月 「RDB大企業モデル」を提供開始
2008年6月 「スコアリング・モデル システム導入サービス」のサービス提供開始
2008年7月 「RDB企業デフォルト率」の会員向け提供開始 
2009年1月 「RDB企業デフォルト率」の一般向け提供開始
2009年4月 「RDB企業デフォルト率予測レポート」を提供開始 
2009年9月 プライバシーマーク(Pマーク)付与事業者の認定取得
2010年10月 「オペレーショナル・リスク・データベース」のサービス提供開始 
2012年10月 「TORA (Technical Operational Risk Assessment)」のサービス提供開始
2014年4月 RDB C-Voice (地方自治体データベース)」のサービス提供開始
RDB DynaMIC (動態モニタリング)」のサービス提供開始
2014年5月 オペレーショナル・リスク・データベース会員向け情報誌「オペレーショナル・リスク・リサーチ」創刊
2015年6月 改訂版「中小企業クレジット・モデル(SR3)」を提供開始
2015年9月 RDB C-Voice Score (地方自治体スコア)」の一部公表を開始
2016年12月 改訂版「RDB大企業モデル(RIBA)」を提供開始
2017年3月 「DynaMIC LOAN モジュール」のサービス提供開始 
2018年4月 「DynaMIC Rent(アパート賃料推計モデル)」のサービス提供開始