HOME ≫ RDBについて ≫ 沿革

沿革

2000年4月 大手銀行、主要地域金融機関等22社の共同出資により、データベースコンソーシアムとして会社設立
2000年10月 「事業法人データベース」のサービス提供開始 
2002年10月 「個人事業者データベース」のサービス提供開始 
2003年4月 S&P社との共同開発による財務格付モデル「中小企業クレジット・モデル」を提供開始
「モデル活用研究会」開催(実態財務、定性情報の活用を研究) 
2005年12月 S&P社との共同事業 中堅中小企業専用「日本SME格付け」のサービス提供開始 
2006年4月 「デフォルト債権回収データベース」のサービス提供開始
会員向け情報誌「クレジット・リサーチ」創刊
「信用リスク管理研究会」開催 
2007年10月 「財務診断レポート(RDB企業カルテ)」を提供開始
2008年1月 「RDB大企業モデル」を提供開始
2008年6月 「スコアリング・モデル システム導入サービス」のサービス提供開始
2008年7月 「RDB企業デフォルト率」の会員向け提供開始 
2009年1月 「RDB企業デフォルト率」の一般向け提供開始
「引当金算出システム」を提供開始
「信用リスク計量・ポートフォリオ管理システム」を提供開始
2009年4月 「RDB企業デフォルト率予測レポート」を提供開始 
2009年9月 プライバシーマーク(Pマーク)付与事業者の認定取得
2010年10月 「オペレーショナル・リスク・データベース」のサービス提供開始 
2011年12月 「RDB大企業モデル」を改訂
2012年10月 「SORA (Statistical Operational Risk Analyzer)」のサービス提供開始
「TORA (Technical Operational Risk Assessment)」のサービス提供開始
2014年4月 RDB C-Voice (地方自治体データベース)」のサービス提供開始
RDB DynaMIC (動態モニタリング)」のサービス提供開始
2014年5月 オペレーショナル・リスク・データベース会員向け情報誌「オペレーショナル・リスク・リサーチ」創刊
2015年6月 「中小企業クレジット・モデル」を改訂
2015年9月 RDB C-Voice Score (地方自治体スコア)」の一部公表を開始